• ホーム
  • 遅漏の改善にはPED5酵素の抑制

遅漏の改善にはPED5酵素の抑制

性行為の際にすぐに射精してしまう状態を早漏と言いますが、その逆に長く射精できない状態を遅漏と言います。
遅漏はなかなか射精が行われないため、性行為の時間も長くなり疲れてしまったり、性器が痛くなる、女性が自分には魅力がないとか膣が緩いためではないかと悩むことになるなど肉体的や精神的にも良くない影響を与えてしまうことがあります。

遅漏が起こる原因には様々なことがありますが、もっとも多い原因としては男性が自分で行う自慰行為のやり方が良くないことがあげられます。
性器を強く握りすぎてしまうことに慣れてしまうと、女性の膣の刺激では満足できない状態になることが多かったり、アダルト動画などを観すぎてそれが脳内の性的なイメージを変えてしまうことが普通の性行為では満足できなくなってしまうことから長い年月をかけた自分の習慣によって遅漏になるとされています。
それ以外にも肥満や糖尿病などの疾患、体力の低下、加齢、ストレス、トラウマなども原因として挙げられます。
ストレスなどが原因の場合にはストレスの解消や、間違った自慰行為の改善などによってその症状の改善を行うことができます。
またその他の改善方法としては、男性機能を正常に機能させるためには一酸化窒素が作られて血管を拡張し血流が促進されることが大切になりますが、それを邪魔するPED5酵素を抑えるようにすることでしっかりと勃起してスムーズに射精が行われるようにしていくことができます。

PED5酵素を抑制することができる成分としてはシトルリンがあげられます。
シトルリンは血管を拡張して血行を良くする効果があり、PED5酵素の抑制だけではなく精力向上や精子の生成や成長ホルモンの分泌も促す効果があります。
そのため遅漏の改善にはシトルリンが配合されている精力剤などを利用するのも良い方法です。