• ホーム
  • うつ病の薬、パキシルで遅漏になる?

うつ病の薬、パキシルで遅漏になる?

泣いている男性

うつ病の薬であるパキシルが原因で遅漏する事があります。
パキシルは精神を患っている人に処方される薬の一つですが、服用する事で様々な症状が表れます。
頭痛や吐き気、強い眠気や不眠、記憶力の低下やだるさ等、体のあらゆる部分に表れます。

この症状の一つに遅漏があります。
個人差はありますが、量が少しの人もいれば多量に漏らす場合もあります。
またトイレに行った直後にもかかわらず漏らす場合もあるため、パキシルが原因で遅漏を起こしている人は早急な対策が必要となります。
仕事柄すぐにトイレに行けない場合は尿漏れシートを使用したり、なるべく早めにトイレに行く等、できる限りの対策を行います。
あまりにも症状が重い場合は、担当医師に相談し改善方法を求める必要もあります。

パキシルが原因で遅漏している場合、体のバランスを整えるためには薬の服用が必要不可欠であるのに、トイレの心配を常に抱えるため、心身のバランスが悪化する可能性もあります。
症状がひどくなる前に改善方法を見つけるのが有効であるため、できるだけ詳細に伝える必要があります。
またくしゃみやせき、立ちあがる時等、不意の動作で尿漏れを引き起こす場合もあるため、日常生活全てに気を配る必要があります。